2018/04/15 13:18


 

片耳難聴って、ご存知でしょうか?

ということで、片耳社会人として障がい者のライフスタイルメディアMEDIA116で片耳難聴マンガ ~片耳なんちょーを連載されている、

右耳が難聴の「キクチ」さんが片耳難聴の日常やあるあるネタを随時マンガにしておられます。

 


 

空気の振動で音を伝える音響機器や補聴器などでは音が伝わらない伝音性難聴の方に効果があるのが

骨伝導を利用したイヤホン(ヘッドホン)です。

でも多くの骨伝導製品は通常の音響機器との違いを強調するため特殊な形状や装着方法がとられています。

実際に使うとなると気恥ずかしさや聴こえずらいこともあり、街中で目にすることはほぼありません。

ユニバーサルデザイン骨伝導イヤホンViboneは、通常のイヤホンとほとんど変わらない形をしていて装着しても奇異な印象はありません。

でも実際は骨伝導で振動を伝えていて、耳の中に装着する構造やフォルムも特許を2つも取得しているように優れていてよく聴こえます。

 

 

 

片耳難聴の場合、もう片方の耳が聴こえるので補聴器などを使われている人が少なく、

常に片耳で音を聴いているため、音がどこから来て、どれくらいの距離からきているかということが感じられず、目視が欠かせないそうです。

ユニバーサルデザイン骨伝導イヤホンViboneを使った人で、いままで聴こえなかった耳から音が聴こえたり、低音が綺麗に聴こえたりされたかたも多々おられます。

「それは、耳で聞いているという感覚よりも、脳で聞いているという感覚に近く、脳が驚いて、思わず涙してしまいました。」……そうです。

音楽がない、音の自由が効かない、空間性が感じられない生活から抜け出し、生活の幅を広げる一助になれればと願っています。

 

 

 ユニバーサルデザイン骨伝導イヤホンViboneは体感製品です。

これまで骨伝導補聴器やヘッドホンなども製品化され、購入されたりお試しになられた方々もおられることでしょうが、

一度体感されることをお勧めします。

では、どこで体感すればいいの?

BASEのショップでは日本中どこへでも郵送し体感していただける

Vibone 試聴機貸出しサービスを行っています。